価格のみならず総合的に判断

注目の記事

中古トラックはトータルで見て購入する

中古トラックの販売ショップを利用するときは、インターネットの口コミの評価をチェックしておきましょう。口コミは実際に利用した人たちの意見をチェックできます。ただ、ひとりひとり受け取りかたが異なるので、それだけがすべてではありません。良い意見と悪い意見、両方見ておきましょう。
中古トラックの販売ショップを利用するときは、走行距離を見ておきましょう。普通車と同様に短いほど使っていないので高くなり、長いほど使用回数が多いので安くなります。また、年式が浅く新しいものほど高く、古いものほど安くなります。長く使うなら、トータル的に考えて購入しましょう。古くても使用回数が少なく定期的に点検をしているトラックは、まだまだ使えることが予測されます。掘り出し物となるので要チェックです。
中古トラックの販売ショップを選ぶときは、できるだけたくさんのショップを見比べてみましょう。こうすることでだいたいの相場が判断できます。安さに重点をおくと失敗することもあるので、気をつけましょう。あまりにも安すぎる場合、修理や部品交換がされていないこともあります。部品の交換がおこなわれている部分があれば、直接聞いて確かめておくと良いでしょう。

北海道のファームダンプトラック

北海道では大型の中古トラックでは無く、4tクラスの中古トラックの販売人気が有るのです。それもファームダンプと言うタイプのトラックなのです。ファームダンプは、別名十勝ダンプと言われるように北海道の、十勝地方で、農業に利用されるトラックで、積載の容量が多いのです。農業の景気の良い十勝、特に、帯広には、専門の中古トラックの販売販売所もあります。この中古車を求めて、全道から買いに来るのです。
使用目的は勿論、農業に使うことがほとんどなのですが、冬期間に、除雪の排雪に利用するのに積載量が多いので、11t車並みに雪を積んで排泄業まで運べますから利用する業者が多いのです。新車では、普通の4t車の倍くらいの値段がしますが、帯広には沢山あり、値段も格安で、販売されています。農産物を運ぶだけでなくて、帯広は雪が余り降らないところなので、雪の多い地方等の使い道が多いのです。ファームダンプは、あおりも高くて、荷台も大きいので、麦などは10t位も積むことが出来るのです。
この様な車が北海道の農業では必要なのです。ですから中古トラックの販売も多いのです、北海道では大型よりも4tクラスの中古車の人気が高く、需要も沢山あるのです。